生活

ソフトバンク解約後にマイネオ(mineo)を選んだ理由

2018/08/16

お越しいただきありがとうございます。

おそらくみなさんはこちらの記事からジャンプしてきた方が多いのではないでしょうか。

上の記事は「ヤフー(ソフトバンク)にこんな酷い目にあったよ!」という告発文でしたが、これはソフトバンクを解約した後の話です。

時系列的には、

もともとソフトバンクを使っていたけど不満があった

→ 格安SIMに乗り換えよう

→ なんかヤフーから変な請求が来るんだけど

→ ソフトバンク解約したせいかよ!

って流れが正しいです。

 

現在はマイネオ(mineo)を使っています。

なぜこのサービスに行き着いたかをご紹介します。

ご興味のある方、俺と似たような価値観の方はぜひ検討してみてください。

(「ソフトバンクを解約した理由」は言うまでもないので飛ばして頂いて構いません)

スポンサーリンク




ソフトバンクを解約した理由(主に大手キャリアへの不満)

そもそもなぜソフトバンクと契約したかというと、初スマホがiPhone 4だったからです。

このときはまだソフトバンクでしか買えませんでした。

しばらく使っていると、格安のMVNO業者がポコポコ出てきて「どうやら通信代が3000円程度にできるらしい」という話を耳にします。

そこでふと「あれ?今って月7000~8000円ぐらいかかってるよな?高すぎない?」と気づきました。

固定費が月5000円節約できるのはかなりデカいですよね。

昔はドコモ・Au・ソフトバンクの3大キャリアが回線を独占していて通信料をボッタくってただけで、そこに総務省が割って入って回線を分け与えるようになったというわけです。

ユーザーからすれば業者の選択肢が増えてありがたいのですが、まだ大手キャリアがしがみついているものがあります。

2年縛りです。

「あれ? 2年縛りって改善されるんじゃなかったっけ? 最近ニュースで見たよ」

それはこういう記事のことですか?

ひどいですよね。

こういうクソみたいなタイトルの情報を出すから大手の携帯業者は信用ならないんですよ。

この見出しなら誰だって「2年待たなくても違約金なしで解約できるのかな」って思いますよね。

でも中身読んだら全然違います。

「2年縛り」では、現在は契約から2年が過ぎた後、25~26カ月目に解約手続きをしなければ解約金が発生するが、今後は条件に「24カ月目」を追加する。

これだけの話なんですよ。

解約月が1月増えただけを「2年縛り見直し」とか「追加費用なしで解約可能」って言ってるんです。

2年縛り自体はなくなっていないのに。

とんでもないミスリーディングですよね。

本来は新聞社が「2年縛りを見直し!」なんて見出しにしたら「いや、解約可能期間が長くなるだけですよ。誤解を招くので事実が伝わるタイトルにしてください」と抗議をいれた上で、公式サイトから「我々は2年縛りそのものをなくすつもりはない」と発表するのが誠実な対応なんでしょうけど、まぁ無理でしょうね。

こうした大手キャリアの発表内容からわかることは「総務省には徹底的に歯向かう」「どんな手を使ってでもユーザーを縛り付ける。格安スマホに流れさせない」という強い意志があるってことです。

俺はこういう姿勢、クソ腹立つんですよね。

水道やガス・電気のようなインフラでは適正に料金が徴収されているのに、なんで通信業者だけは既得権益がまかりとおっているのか。

なので大手キャリアには関わりたくない。

ソフトバンクだけでなく、ドコモでもです。

こいつらに関わったら契約にどんな罠をしかけて後々変な縛りや違約金を取られるかわかったもんじゃない。

総務省にボコボコにされるまでは格安スマホに避難しておこう。

こういう感情が大きかったってのもあります。

まとめると、俺がソフトバンク(大手キャリア)と手を切りたくなった理由は、

1.格安スマホにすれば通信代が8000円から3000円になって5000円節約できる

2.2年縛りがウザいので大手キャリアに関わりたくない。いつでも解約できるMVNO回線にしたい

の2点です。

(あとは月々の通信料を確認するのにいちいちMy Softbankにログインしなきゃいけないのも嫌だったとかもあります)

マイネオ(mineo)を選んだ理由

さて、大手キャリアに対する不満はわかってもらえたと思います。

では格安SIMになぜマイネオを選んだか。

合理的ではない部分が多々ありますがいくつか挙げてみます。

ソフトバンク(ヤフー)の息がかかった業者には関わりたくない

Y! mobile(ワイモバイル)のことなんですけどね。

「ワイモバイル クソ」で検索すると、こんな記事を書いてくれた人がいました。

連中のクソ具合が伝わってきます。

やはりソフトバンクの息がかかっている業者には近づかない方がよさそうです。

違約金を取られたくない

さっきも言いましたが俺は2年縛りで違約金を取られるのが納得がいかない。

だから1年以内に解約しても違約金を取られない業者がいい。

他社に気軽に乗り換えができますからね。

そうすると選択肢が一気に減ります。

この記事を見ると、音声SIM解約条件で最低利用期間がないのはmineoとFREETELだけ

この時点でマイネオが候補に入ってきました。

通信速度はそこそこある

俺はAプラン(au回線)にしましたが、通信速度はどうでしょうか。

普段重いデータをスマホでアップすることはないので下り速度だけ気にすることにします。

次のサイトを見てみましょう。

下り速度の総合ランキングは18業者中5位(18年8月第1週)。

悪くありません。

以下のサイトは「中央値」を用いているため、さらに信頼性が高そうです。

こちらはMVNO16業者+3大キャリアを比較対象としており、MVNOについては回線ごとに分けているので21回線を比べています。

マイネオ(Aプラン)の下り実効速度(中央値)は21回線中8位。

こちらもまずまずですね。

ちなみにDプラン(ドコモ回線)は21回線中6位です。

俺が契約した2016年でもマイネオはDプラン(ドコモ回線)よりもAプラン(Au回線)の方が早かったんですが、変わっちゃいましたね。

何にせよ、ここまでで見る限り速度に問題はなさそうです。

月のデータ通信容量が5GBの料金プランがあった(※2017年に6GBに増量)

ソフトバンクのiPhone時代では月々のパケットが5GB弱だったので5GBの料金プランがあるといいな~という希望がありました。

マイネオと契約した2016年は5GBプランがあったので都合がよかったですね。

しかも、2017年には料金据え置きで5GBコースが6GBコースに増量しました。

これはうれしいニュース。

するとなぜか月々の使用データ量が5GBどころか6GBぎりぎりになってしまいました。

俺みたいな人間はあればあるだけ使ってしまうんですね。

(10GBにするのはやめておこうかな)

マイネオ(mineo)を使ってみてどうか

2018年8月現在もマイネオを使っています。

理由はシンプルで「特に問題がない」からです。

俺の普段のスマホの使い方ですが、

(1) 動画はほとんど見ない

動画はパソコンかテレビで観たい派です。

スマホの小さい画面で長い動画を観ると目が疲れるんですよね。

電車でイヤホンつけて映画とか観てる人は、どこでも楽しめて羨ましいな~と思います。

Twitterで流れてくる数秒程度の動物動画なんかはつい再生しちゃいますけどね。

これが「通信速度がそこそこあればいい」理由です。

(2) 使用アプリが軽いやつばかり

俺がスマホで主に見るのはLINE・Twitter・はてなブックマークぐらいです。

遠くに出かけるときにGoogle MAPや乗換案内を見ます。

これらのアプリが通信速度が遅くてフリーズしたなんてことは一度もありません。

不便を感じたことはないですね。

個人的にはソフトバンクと違ってアプリをワンタッチで使用量が確認できるのがとても快適です。

そんなわけで俺は今も使い続けています。

 

mineoの詳しい情報については、下記リンク先よりご確認ください。

ちなみに割と有名な得ワザですが、契約してから利用開始する日は月の
最終日
にしま しょう。
パケットを前月分持ち越しができるので、6GBプランでも最初はいきな
り12GB使えますよ。

スポンサーリンク

-生活
-